光計測の革新による新しい科学・産業の創出

 新しい計測法が新しい科学を生むことは歴史が証明してきた事実であり、これは実験による検証に立脚する自然科学において本質的で普遍的な関係です。井手口研究室では次世代の科学を創る新しい計測法の研究と、それらの手法を用いた基礎科学の研究を行っています。また、新規技術の産業界への展開を行っています。

光周波数コム Optical frequency comb

光周波数コムは超短パルス光と連続波光の双方の特性を兼ね備えたレーザ―光源です。等間隔に整然と並ぶ櫛状のスペクトルを持つため、周波数軸上における物差しとして、光周波数の精密計測に利用されています。井手口研究室では、光周波数コムを用いた超高速・超精密分子分光法の研究を行っています。また、光周波数コムの新しい応用を模索しています。

参考資料:2005年ノーベル物理学賞(光周波数コム)


バイオイメージング Bioimaging

生命科学の研究は顕微鏡による観察により支えられています。最先端の生命科学研究では、通常の顕微鏡に加えて、様々な機能を持つ顕微鏡が用いられています。井手口研究室では、先端レーザー技術と光学技術を駆使することで、新しい機能を持つ顕微鏡開発の研究を行っています。これらの顕微鏡により可能となる観察を通して、生命科学における未解決問題へアプローチする研究を行っています。


リモートセンシング Remote sensing

レーザー光の高い空間コヒーレンスはビームの高い指向性を生みます。この特性を活かすと、離れた場所にある観測対象までの距離や、その状態の精密なセンシングを行うことができます。井手口研究室では、新しいコンセプトのセンシング技術の研究を行っています。人口衛星や航空機等に搭載することが可能なセンシング法を開発し、環境計測などに新しいソリューションを提供することを目指しています。


レーザー光源開発 Laser development

新しいレーザー光源は新しい光学技術を生む源となります。一般に、レーザー光源開発では、ハイパワー化、短パルス化、スペクトル線幅狭窄化など、各性能における限界突破を目指す研究が行われます。井手口研究室では、上記のような性能向上の研究に加え、これまでになかった機能を持つレーザー光源開発の研究を行っています。